男性型脱毛症の原因で前頭部と頭頂部の脱毛が!!

男性型脱毛症とフィナステリド

進行する脱毛

薄毛や抜け毛は若い世代から中高年の人達まで、男性だけでななく女性にも幅広い人達にかかわっていくる悩み。
そのような薄毛・抜け毛の悩みを改善していくためには、まず「進行する脱毛」と考えて対応しなくてはいけません。

 

進行する脱毛として「男性型脱毛症(AGA)」があります。思春期以降のある年代から、生え際の前頭部の髪の毛が薄くなり、脱毛が進行していきます。

 

20歳代〜40歳代など、いつ頃から脱毛症の進行が目立ち始めるかは人によって様々。前頭部、頭頂部、どちらかでも進むこともアリ両方共に薄くなっていくという人もいます。日本人の薄毛や抜け毛に悩んでいる人は男性型脱毛症にかかわりを持っているとも言われるほど。

 

このような「進行する脱毛」である男性型脱毛症にたして、フィナステリドという服用タイプの飲み薬が蚊被圧され、実用化されることで現在では世界でも日本でも使われるようになりました。

 

男性型脱毛症の原因

男性型脱毛症の原因は「ジヒドロテストテロン(DHT)」という物質であることが分かっています。ジヒドロテストテロンは、男性ホルモンのテストテロンが5αリダクターゼという還元酵素によって変換されて出来る体内物質。

 

酵素5αリダクターゼには1型と2型の二つのタイプがあり、「1型は全体の皮脂腺」に広く分泌するのに対して、「2型は前頭部と頭頂部の毛乳頭細胞、毛母細胞と前立腺」にだけ存在することが分かっています。

 

この5αリダクターゼ2型という還元酵素の働きが強くなることで頭頂部、前頭部の毛乳頭や毛母細胞に関与するジヒドロテストテロンが増えることで抜け毛や脱毛が増えてしまう訳です。これが男性型脱毛症の原因。

 

このような症状を止めてくれるのがフィナステリドの効果になります。
5αリダクターゼ2型の作用を抑制することでジヒドロテストテロンの増加を防ぎ薄毛や脱毛の進行を食い止めてくれるわけです。

 

オススメのフィナステリド

フィナステリド配合の育毛剤にも1mgタイプのプロペシアやフィンペシアがあり、5mgはフィンカーがあります。

 

価格の安さを考えるならフィンペシアになりますが、今年から製造工程が変わり、キノリンイエローが成分に含まれるため「発癌性」の恐れがあります。

 

安全をもとめるならプロペシアですが、価格は若干高くなるために、フィナステリド5mgのフィンカーを分割して服用するという考えもあります。

 

 

トップページ▲▲